ダイエットコーラはカロリーゼロでも飲んじゃだめ?太る理由

ダイエットと水太り

スポンサーリンク

今回はカロリーゼロ!を高らかに歌っているダイエットコーラは本当に飲んでも太らないの?という疑問に対して、僕なりに解釈していきたいと思います。

学術的な内容は『分かりやすく!シンプルに!』を心がけていきますので、是非肩の力を抜いてお気軽にお読みいただければ幸いです。

ではよろしくお願いいたします。

ダイエットコーラは本当に太らない?

年末のイベントと言えばクリスマス。クリスマスと言えばパーティだ!!

クリスマスの時期になると某フライドチキン屋さんや宅配ピザ屋さんなんかは大忙しでしょう。

そして美味しいチキンやピザのお供の定番とも言える飲み物、コーラ。なんでしょうかね、あの絶妙なバランス(笑)油っぽい食べ物とキリッとした味わいと甘みのあるコーラ。

でも摂取カロリーが心配。。

そんな方でも安心!カロリーゼロのコーラありますよ!気にせずグビグビ飲んじゃってください!!!

と、言うのが最近のカロリーゼロコーラ、ダイエットコーラの謳い文句です。

でもちょっと待ってください。そんなうまい話、世の中にありますかね。甘〜い誘惑には必ず隠れたリスクがある、それが世の常(笑)

最近のNIPPONという国はカロリー神話と言いますか、カロリー至上主義と言いますか、とにかく痩せるためにはカロリー制限だ!という考え方が蔓延していますよね。

確かにカロリーをしっかり制限すれば痩せることは可能です。僕自身も毎日のカロリー摂取量を1,500Kcal前後に抑え、約1年間で30kg程度の減量に成功していますので。

でもよくこんな話を聞くことがありませんか?

  • かなり厳しい食事制限をしてる割には痩せていかない
  • ちゃんと摂取カロリーと代謝量の計算もしてるに、何故か計算通りに痩せない

もしあなたがそんな悩みを抱えているのであれば、問題はカロリー摂取量『以外』にあるのかもしれません。

カロリーゼロでも太る理由

スポンサーリンク

カロリー制限をしているのに痩せない、その理由はいくつかありますが、今回は『血糖値』に焦点を当てていきたいと思います。

血糖値については当然ご存知かと思いますが、念のため『分かりやすく、シンプルに!』おさらいしておきます。

血糖値:血液中のぶどう糖の濃度を示す値。引用:コトバンク

血糖値は体内に糖分を摂取した時に上昇します。そして人間のカラダは上昇した血糖値を抑えようとする時にインスリンという物質を分泌します。

インスリンの厄介な性質

血糖値の上昇を抑える役割を持つインスリンは我々ダイエッターには非常に厄介な物質です。

なんと脂肪を溜め込んでしまうという性質を持っているのです。メタボリックシンドロームの症状の1つに『高血糖』がありますが、もしあなたが高血糖の状態にあるならば脂肪を蓄積しやすいカラダになってしまっているということになります。

つまり、カロリー制限をしていても痩せにくい体になってしまっているのです。もしあなたが『食事制限をしているのに思ったより痩せない』とお悩みであるならば、それはもしかしたら血糖値のコントロールが原因なのかもしれません。

※インスリンの分泌を抑えるダイエット法についてはこちらでもご紹介しています。ご興味のある方はどうぞ

カロリーゼロ、ダイエットコーラの人工甘味料の秘密

カロリーゼロ、ダイエットコーラなどの商品は、砂糖の代わりに大量の人工甘味料を使用しています。

人工甘味料は天然の砂糖の200倍もの甘みを持ち、かつカロリーをほとんど含まないということで正にダイエットに絶大な効果あり!として関連商品が世の中に溢れかえっていますが、1つだけ見落としがあります。

もうお分かりですね?

そう、血糖値の上昇です。

人工甘味料はカロリーこそゼロではありますが、天然の砂糖と同様に種類によっては血糖値を上昇させてしまう作用は存在します。

つまり、いくらカロリーゼロだからと言って気にせずに飲みまくってしまうと、脂肪を蓄積しやすいカラダになってしまうということなのです!

正にカロリー至上主義の弊害ですよね。確かに通常のコーラに比べれば摂取カロリーという視点だけで見るならば痩せることはできるのかもしれません。

しかし、飲めば飲むほど僕たちのカラダは脂肪に対しての抵抗力を弱めてしまうということになるのです。

人工甘味料の恐ろしさ

更に人工甘味料には他にも様々なデメリットが存在すると言われています。代表的な特徴をあくつかご紹介しておきますね。

味覚を狂わせる

先ほども述べたように人工甘味料は天然の砂糖の何百倍もの甘みを感じるため、摂取しすぎると甘みに対しての味覚が鈍ってしまうと言われています。

結果、物足りなさを感じついつい砂糖を足してしまったり甘いものを食べ過ぎたりしてしまうリスクが高まるのです。

コカイン以上の依存性がある

細かい説明は割愛しますが、人工甘味料の中にはコカイン以上の依存性を持つものも存在するようで、いわゆる甘み依存症(甘いものを食べずにはいられない)のリスクが増大するとも言われています。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した内容はあくまでも僕自身の個人的な見解であり、ゼロコーラやダイエットコーラを批判する内容ではありません。

カロリーがゼロだということは事実ですし『甘いものを食べたい!飲みたい』欲求も抑えられるため、結果的にはダイエットの強い味方になる可能性も十分にあるとは思います。

『甘〜い誘惑には必ず裏がある』ということをしっかり理解し、過剰な摂取を控えてうまく活用されることをオススメいたします。

本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す