米を食べてグルテンフリーダイエット?ジョコビッチも実践!

グルテンフリー

スポンサーリンク

海外セレブの間でグルテンフリーの食品を食べるダイエット法が話題を呼んでいます。モデルのミランダ・カーやプロテニスプレイヤーのノバク・ジョコビッチ選手も実践しているとのことでそのダイエット・健康効果は気になるところでしょう。今回はグルテンフリーの食生活を送るメリットについてご紹介していきます。

グルテンフリーとは?

グルテンフリーとは、その名の通りグルテンという成分の摂取を控える食事法を意味します。

 

名前は聞いたことがあるけど…

 

そう思われる方は多いかと思いますので、まずはグルテンという成分について見ていきたいと思います。

グルテンとは

グルテン

グルテン (gluten) は、小麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種。麺類やパンなど、小麦加工品を作る上で弾性や柔軟性を決定し、膨張を助ける重要な要素となっている。

出典:wikipedia

皆様が小麦粉と聞いてまずイメージする食品とはなんでしょうか?ちょっと想像してみましょう。

 

いかがですか?

 

まず真っ先にパンが思いつくでしょうか?

 

正解です。その他にはパスタやラーメン、ピザ生地などが挙げられるでしょう。すなわち、グルテンとは僕たちの食生活の非常に身近な存在である主食に多く含まれる成分です。

つまり、僕達は普段からあまり意識することもなく大量のグルテンを摂取していることになりますね。

続いてグルテンの作用についてご紹介していきます。

グルテンの作用

先ほどご説明したようにグルテンはタンパク質の一種です。タンパク質といえば人間が生きていくために必要な三大栄養素の1つであるため、積極的に摂取すべき栄養素です。

しかし、タンパク質には様々な種類があり、今回の主役であるグルテンにはカラダに対して以下のようなあまり良いとはいえない作用をもたらすことがわかってきたようです。

  1. 腸内で炎症や消化不良を引き起こす
  2. 小麦粉に含まれるアミロペクチンAが血糖値を上昇させ、インスリンの分泌を促す

腸内環境の悪化は便秘の促進、免疫力の低下などを招くと言われています。また血糖値が上昇すると、人間のカラダはそれを抑制するためにインスリンという物質を分泌します。

実はこのインスリン、脂肪を溜め込んでしまうという性質を持っており、僕達ダイエッターには天敵ともいえる厄介な存在なのです。

インスリンの分泌を抑える食事法としては低giダイエットが有名ですね。

低giダイエットにご興味のある方はこちらもどうぞ

海外セレブが注目!米を食べてダイエット?

スポンサーリンク

最近になって海外セレブの間ではグルテンを含む食品を食べることにより上述のようなカラダへの悪影響があるとして、グルテンフリーの食品を積極的に摂取する食生活が話題を呼んでいます。

そんな中で注目されているのは、米を主食とした我々日本人の食事、和食です。

米は様々な主食の中で唯一といっても良い、グルテンを含まない食品です。つまりパンやパスタなどの食事を、米を中心とした主食に置き換えることにより腸内環境改善+脂肪を溜め込まない太りにくいカラダを作ることができるといことになります!

グルテンを意識した食生活

img_0561-1

いやいや!でも今までだって米中心の生活をしてきたわ…日本人だし。

そう思う方は多いと思います。しかし!冒頭でもご紹介した通り、現代人の食生活は意識せずにグルテンフリーの食事を実践することは非常に困難と言えます。

ご参考までにグルテンを多く含む食品について見ていきましょう。

グルテンを含む食品

  • パン
  • パスタ
  • うどん
  • ラーメン
  • 餃子
  • ピザ
  • 中華まん
  • 揚げ物
  • カレー
  • シチュー
  • クッキー
  • ケーキ
  • ビール
  • 発泡酒

いかがでしょうか?パンやパスタはまだしも飲み会のビール、揚げ物、餃子などを意識した食事を実践できている方はほとんどいないでしょう。

つまり、我々は気がつかないうちに相当量のグルテンを摂取してしまっているということなのです。

では最後にグルテンフリーの食品の代表例についてご紹介していきますね。

グルテンフリーの食品

  • 米(白米)
  • 春雨
  • 魚介類
  • 野菜
  • 果物
  • ナッツ
  • 乳製品
  • コーヒー
  • 紅茶
  • ワイン
  • 日本酒

グルテンフリーを実現するベースの考え方としては和食をメインとした食事を摂るということになります。

そしてちょっと小腹が減った時の間食はクッキーではなくナッツやヨーグルトを食べる!という意識が大事ですね!

まとめ

グルテンの作用とグルテンフリーな食生活についてまとめます。

  • グルテンはパンやパスタ、ラーメンなど、我々の食生活の主食に多く含まれている
  • グルテンは摂取しすぎると腸内の炎症、消化不良を引き起こす
  • 小麦粉に含まれるアミロペクチンAは血糖値を上昇させ、脂肪を溜め込みやすくなる
  • グルテンフリーを実現するためには米を主食とした和食中心の食生活を心がける

以上です。

グルテンと聞くと細かい栄養的な知識が必要なのかと思い、若干抵抗を持たれるかもしれませんが、上記のようにシンプルに考えれば明日からでも実践できるお手軽ダイエット法となること間違いなしです!

是非、実践されることをおすすめいたします。

本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

One Response to “米を食べてグルテンフリーダイエット?ジョコビッチも実践!”

コメントを残す