ケトン体ダイエットと糖質制限の違いは?ダルビッシュ有が痩せた方法!

炭水化物抜き

スポンサーリンク

ダルビッシュ有選手と言えばオフの期間中の非常にストイックな食事メニューが有名ですが、そんな彼が最近実践しているダイエットメニューが話題を呼んでいます。今回は糖質制限ダイエットの進化形とも言うべき『ケトン体ダイエット』の方法について見ていきたいと思います。

ケトン体ダイエットとは

ケトン体ダイエットとは簡単に言うと、糖質制限により体を脂肪燃焼しやすい状態に変えるダイエット法です。

糖質制限ダイエットと何が違うの?

と思われる方が多いと思いますので、まずはケトン体ダイエットと糖質制限ダイエットの特徴について比較してみましょう。

糖質制限ダイエットの特徴

  • 1日のうち1食、多くて2食の糖質摂取を控える
  • 糖質の摂取を控えることにより脂肪を溜め込む性質を持つインスリンの働きを抑える
  • 特に期間の定めは無い

ケトン体ダイエットの特徴

  • 1日の糖質の摂取量を食事の総摂取量の5%まで抑える
  • ブドウ糖の代わりに脂肪を燃焼して得られるケトン体をエネルギー源とする状態に入る
  • 糖質制限の期間は2週間とし、以後徐々に糖質の摂取量を戻していく

脂肪燃焼モード、ケトーシス

糖質を制限するという意味においては糖質制限ダイエットとケトン体ダイエットに違いはありません。

両者の違いは糖質制限の量と期間です。ケトン体ダイエットは2週間という短い期間で極限まで糖質の摂取を制限します。

すると体には以下のような変化が生じます。

  • 糖質が摂れないので脳や内臓のエネルギー源となるブドウ糖を補給できない
  • ブドウ糖の代わりのエネルギーを探し始める
  • 脂肪を燃焼して得られるケトン体をブドウ糖の代替エネルギーとして使用する

ブドウ糖の代わりに脂肪を燃焼させることでエネルギーを補充している状態をケトーシスと呼びます。

つまりケトン体ダイエットとは短期間の急激な糖質制限により、カラダを強制的にケトーシスの状態にすることによって脂肪を燃焼させるダイエット法ということになります。

ケトン体ダイエットのメリットとデメリット

スポンサーリンク

ケトン体ダイエットはカラダを一時的に飢餓に近い状態まで追い込むダイエット法と言われています。

どうしてもダイエット効果を得たいという方には是非実践していただきたい方法ですが、まずはそのメリット、デメリットについてしっかりと理解することをおすすめいたします。

ケトン体ダイエットのメリット

まずはケトン体ダイエットのメリットについて。

  • 脂肪だけを燃やすため筋肉量を減らすことなく減量できる
  • ケトン体には食欲を抑制する効果があり、きつい食事制限をしているにも関わらず空腹感を感じない
  • 糖質のみを制限するため、糖質以外の食材は好きに食べられる

冒頭でご紹介したダルビッシュ選手もケトン体ダイエット中にも焼肉を食べにいくと言っていました。

糖質を一気に制限することに抵抗がある方は多いと思いますが、ケトーシスの状態になれば空腹感が減るのでとにかく2週間だけトライしてみるのもいいかもしれませんね。

ケトン体ダイエットのデメリット

続いてデメリットについて。

  • 極度な糖質制限により一時的に頭がぼーっとしたり、吐き気を催すことがある
  • ケトン体の1つ、アセトンという物質の影響で口臭や体臭を発することがある
  • ケトーシスの状態に移行するまでの間はエネルギー不足により様々な体調不良を起こすことがあると言われています。

集中力にも影響が出そうですので忙しいサラリーマンの方は注意が必要かもしれません。

血中のケトン体を増やす食物

糖質制限と併用して摂取することで血中のケトン体を効率的に増やし脂肪燃焼効果を高めることができる食物が注目を集めています。

中鎖脂肪酸を含むオイル

脂肪?と聞くと太るイメージを持たれるかと思いますが、ココナッツオイルなどで最近話題の中鎖脂肪酸には血中のケトン体を増やす効果があるとされています。

中鎖脂肪酸の効能は以下の通りです。

  • 脂肪の燃焼効果
  • 胃で消化されたあと、肝臓で素早く分解され速やかにエネルギー源になる
  • 人間の細胞、臓器、脳などはどれも脂肪でできているため、良質な脂肪を摂取することで高いパフォーマンスを維持することが可能

つまり、元々脂肪燃焼効果がある中鎖脂肪酸の摂取と糖質制限を併用することによって、よりケトーシスの状態へ移行しやすい状況を作ることができるということになります。

中鎖脂肪酸100%の食品『MCTオイル』

MCTオイルはココナッツオイルから中鎖脂肪酸を抽出して作られたオイルで、正に中鎖脂肪酸の塊です。

関連:ココナッツオイルは『痩せる脂肪』!?ダイエットに効果的な中鎖脂肪酸とは?

ケトン体ダイエット中はケトーシスの状態のオンオフをコントロールできるかが成功の鍵となりますが、MCTオイルを活用したダイエット法を推奨する『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』においては以下のようなことが述べられています。

炭水化物の制限はケトーシス状態を生み出す効果的な方法だが、MCTオイルもまた、炭水化物を過度に制限しなくても体内に有用な量のケトン体を急速にもたらしてくれる。

引用:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(デイヴ・アスプリー)

『完全無欠ダイエット』という独自のダイエット法を提唱する著書においても糖質制限とMCTオイルの併用の重要性を強く指摘しています。

完全無欠ダイエットについてはこちらでも詳しく解説しています。ご興味のある方はどうぞ。

関連:完全無欠ダイエットの食事法が目から鱗!?でも本当に痩せる?

まとめ

ケトン体ダイエットについてまとめます。

  • ケトン体ダイエットとは糖質制限により体を脂肪燃焼しやすい状態に変えるダイエット法
  • 人間のカラダは糖質の摂取を極度に制限すると、脂肪を燃焼してエネルギーに変えるケトーシスというモードに移行する
  • ケトン体ダイエットは筋肉量を減らさずに体重を減らすことができるが、一時的な頭痛やめまい、口臭などのデメリットも存在する
  • 糖質制限と併用して中鎖脂肪酸を豊富に含むMCTオイルを摂取するとより効率的にケトーシスの状態に導くことができる

いかがでしたでしょうか。

ケトン体ダイエット自体は決して真新しいダイエット法ではありませんが、その効果は確実に期待できると言ってよいと思います。

しかし上述の通り様々なデメリットが存在することも確かですので、実践する際には正しい方法で行うことをおすすめいたします。

本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す