炭水化物抜きダイエットの危険性を理解し、正しく痩せる方法

炭水化物抜き

スポンサーリンク

皆様こんにちは!

アラフォー+メタボ=お先真っ暗

そんな崖っぷちからの脱却を目指す不屈の男、ちゃーです!

今日もカラダの様々なお悩みを抱えるアラフォーメタボな同類の皆様に、ささやかな情報提供を行うべく馳せ参じました。

今回のテーマはもはやダイエットの王道とも言うべき炭水化物抜きダイエットについてです。

では早速スタート!

炭水化物抜きダイエットとは

もう知らない人はいないと言っても過言ではない『炭水化物抜きダイエット』ですが、その意味を正しく理解していない方も意外と多いのではないかと思います。

ということでまずは『炭水化物抜きダイエット』の基礎的な知識からご説明していきたいと思います。

炭水化物って何?

いやいやさすがに知ってるよー!ご飯とかパンのことでしょ?

正解です!…でも半分不正解です(笑)ちょっと情報が足りません。まずは炭水化物の正しい意味を理解しましょう。

デンプン,ショ糖,ブドウ糖など日常生活でもしばしば出会う化合物群であり,糖質とも呼ばれる。三大栄養素の一つ。単糖すなわちアルデヒド基かケトン基をもつ多価アルコールを構成成分とする化合物と定義される。その多くは(CH2O)nで示される分子式をもち,あたかも炭素に水が結合しているかのような印象を与えるので炭水化物という名称が生じ,かつては含水炭素とも呼ばれた。引用 :コトバンク 

わかりましたか?炭水化物、言い換えると『糖質』ですね。三大栄養素の一つであり人間が生きていくために欠かせない栄養素です。昔学校の家庭科か何かでちょっと勉強した記憶がありますね。では炭水化物を多く含む食材の代表と言えば?

炭水化物を多く含む食材の代表格

  • 穀類:白米、玄米、押し麦、パンなど
  • 麺類:中華麺、パスタ、うどん、そば、そうめんなど
  • 野菜:さつまいも、やまいも、かぼちゃ、とうもろこしなど
  • 果物:干しぶどう、干し柿、乾燥プルーン、バナナなど
  • 豆類:あずき、きな粉、大豆など
  • 粉類:片栗粉、小麦粉、パン粉、餃子の皮、ピザ生地
  • 調味料:砂糖、コーンスターチ、はちみつ、みりん

いかがでしょうか?米、パン、芋ぐらいまでは常識的に知っているかと思いますが、干しぶどうや大豆、はちみつまで来ると『ちょっと知らなかった』という方も多いのではないかなと思います。

では予備知識はこれぐらいにして本題に入っていきましょう。

炭水化物抜きダイエットの危険性について

スポンサーリンク

炭水化物抜きダイエットは一時期ものすごいブームとなり、かなりのダイエットに成功した方が続出しましたが、最近ではそのリスクも多く報告されています。

要するに炭水化物を完全に絶ってしまうことによる体の異変のリスクです。

特に『脳』に関しては炭水化物に含まれる『ブドウ糖』からしかエネルギーを得られないようで、急激に摂取量を減らすことで脳卒中のリスクが高まるとも言われています。炭水化物ダイエットを徹底していた方が『寝たきり』になってしまったなどの例も報告されていたはずです。

そんな様々なリスクが報告されて以降、現在は炭水化物を抜くなら1食だけという方法が主流となっているようですね。

メタボ的!正しい炭水化物抜きダイエットの方法とは?

結論から申し上げて、炭水化物抜きダイエットは数日実践しただけでも、その効果ははっきりと現れます。

2年程前まで125kgのスーパーメタボ人だった僕も炭水化物抜きダイエットによって約1年間で30kgものダイエットに成功しました。

125kgから30kgのダイエットに成功した方法はこちら

ただ、経験談から申し上げると3食全ての炭水化物を抜いてしまうのはやはり危険だと感じています。僕が実際に経験した体調の異変についていくつかご紹介しておきますね。

  • 集中力の低下
  • イライラする、短気になる
  • 疲れやすくなる
  • 謎の筋肉痛

今思い返すと、『ちょっとやり過ぎたかなー』と感じているのは『謎の筋肉痛』を発症した時ですね。大して運動もしてないのに1日仕事を終えて帰ってきただけで、ふくらはぎの筋肉がズキズキと痛む…

後で分かったことですが炭水化物を極限まで減らしてしまうと、エネルギーを補給するためにタンパク質の分解が始まるようです。

タンパク質は筋肉を構成する上で欠かせない栄養素ですので、筋力が低下したことで痛みが発生したのではないかと考えています。

炭水化物を抜くのは2食まで。できれば朝と昼はしっかり食べよう

『痩せなきゃ!』というプレッシャーに追われ、抜群の減量効果のある炭水化物抜きダイエットを限界まで挑戦してしまう気持ちは良く分かりますが、炭水化物は可能であれば2食、最低でも朝の一食だけは摂取するようにしましょう。

もし『リスクを承知でもとにかく痩せたい!』とお考えであれば、上記でご紹介したように『米やパン以外で炭水化物を含む食材をなるべく食べる』ようにしましょう。

米やパンを抜けば確実に痩せることはできますので心配はいりません。

おわりに

今回は世の中に無数に存在するダイエット法の頂点に君臨する炭水化物抜きダイエットについてご紹介いたしました。

効果は抜群ですが、その裏にあるリスクもしっかりと理解した上で計画的に実行されることをおすすめいたします。

本当も日本全国のアラフォーメタボの皆様が活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す