ダイエット総選挙2017!間食禁止の8時間ダイエットで本当に痩せる?

スポンサーリンク

2017年1月11日(水)放送のTBS番組『おデブがアイドルに大変身!ダイエット総選挙2017年』は、おデブ女子12名がアイドルを目指して90日間挑戦した本気ダイエットに密着!

今回は番組内で紹介される4種類のダイエット法のうち、間食が止まらない『チームおやつっ娘』が実践した8時間ダイエットについて考察してみたいと思います。

関連記事:ダイエット総選挙2017!糖質制限とMCTオイルダイエットで本当に痩せる?

関連記事:ダイエット総選挙2017!グルテンフリーと高タンパクダイエットで本当に痩せる?

間食は何故太るのか

それではまず今回の主役、チームおやつっ娘に代表されるおやつ大好き人間が何故間食をやめられないのかについて見ていきたいと思います。

結論から申し上げると、間食がやめられない最大の理由は糖質の摂取にあります。

間食がやめられない原因は糖質

人間が空腹を感じる時というのは血糖値が低下している状態を意味し、そんな時僕たちの体は『早く糖質を摂取して!』と指令を送ります。

そして思わずクッキーなどの糖質を大量に含むおやつを一口。

すると幸福感と共に一瞬にして血糖値が上昇。一時的な満足感を得ます。

しかし!糖質のみの摂取による血糖値の上昇はあまり持続力が無く、しばらくするとまたすぐに血糖値が下がってしまうのです。

実はこの血糖値の『乱高下』が一番の問題で、以下のような悪循環を引き起こします。

  • 糖質の摂取→一時的な幸福感と血糖値の上昇
  • しばらくすると血糖値が低下→もう少し食べたいという欲求
  • もう一口食べる→再び血糖値の上昇
  • 以下、繰り返し

つまり、糖質を主体とした間食というのはそもそも『ちょっとだけ食べて満足』というのはカラダの構造上難しいということになり、間食が原因で激太りしてしまった方が痩せるためには、完全に間食を『絶つ』という方法が一番効率的な方法になります。

※どうしても間食をしたいという方には、適切な食品を摂取することにより血糖値の乱高下を抑制する方法についてもご紹介しています。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

間食のおすすめはおにぎり!?太らない食品の選び方とは?

ダイエット中の間食が痩せる理由は?オススメは卵とナッツ?

8時間ダイエットとは

スポンサーリンク

それでは間食を完全に絶つということを前提に8時間ダイエットの方法について見ていきたいと思います。8時間ダイエットとはその名の通り1日を通して食事を摂っていい時間を8時間に限定し、残りの16時間は水分以外を摂らないというダイエット法です。

8時間の時間内では基本的に何を食べてもよい!という点は魅力的ですよね。

ですが、16時間水分以外を摂取しないとなると1日の食事回数が必然的に2回になってしまいます。一体どの食事を抜くのが効率的なのでしょうか。

8時間ダイエットでは朝食を抜く!?

  • 朝食は1日のエネルギーの源だから必ず食べよう!
  • 朝食を食べないと午前中の仕事に影響が出るからちゃんと食べましょう。

良く言われていることですよね。僕なんかは小さい時から『朝だけはちゃんと食べなきゃダメ!』と言われながら育ったクチです。結局昼も夜も『ちゃんと食べた』結果今のメタボ体型になってしまいましたが(笑)

ずばり、結論を申し上げますと8時間ダイエットでは朝食を抜きます。

カラダに悪くないの・・・?

大丈夫なんです。実は朝・昼・夜の3食をしっかりと食べるということは常に内臓に負担をかけている状態であり、むしろ朝食を抜くことによって内臓を休ませることができるんです。

8時間ダイエットの効能

実は16時間という時間は『人間が食べ物を消化・吸収してから排泄の準備が整うまでにかかる時間』を意味します。

3食しっかり食べてしまうと上記の作業中にまた新たに『消化・吸収』にも力を配分しなければならなくなるので、内臓は常に活動しっぱなし状態になってしまいます。

100メートル走をインターバル無しで連続で走り続けているようなものです。

つまり、朝食を抜くという一見『不健康』に思える方法ですが、実は下記のような一石三鳥の効能が期待できるのです!

  • 内臓機能の回復
  • 効率的な消化・吸収・排泄
  • 摂取カロリーの減少によるダイエット効果

8時間ダイエットに非常に近いダイエット方法として半日断食という方法があります。ご興味のある方はこちらもどうぞ。

休日のみの断食でダイエットできる?半日で簡単に痩せたい人におすすめ?

まとめ

間食と8時間ダイエットについてまとめます。

  • 間食が太る原因は糖質にあり
  • 糖質の多いお菓子を摂取すると血糖値の乱高下が起こり、ちょっと一口だけでは追われない
  • 8時間ダイエットとは1日のうち8時間を食べてよい時間とし、残りの16時間は水分のみを摂取する
  • 8時間の間は何を食べてもよい
  • 8時間ダイエットでは朝食を抜くのがおすすめ
  • 8時間ダイエットの実践で、内臓機能の回復、消化・吸収・排泄の促進、摂取カロリー減が期待できる

いかがでしたでしょうか。

間食が原因で太ってしまっている方はまずその対処が最優先。もしきっぱりやめることができるならば、8時間ダイエットは恐らく絶大な効果を発揮するでしょう。

チームおやつっ娘は間食の誘惑に打ち勝つことができるのか?

結果が楽しみです。

関連記事:ダイエット総選挙2017!糖質制限とMCTオイルダイエットで本当に痩せる?

関連記事:ダイエット総選挙2017!グルテンフリーと高タンパクダイエットで本当に痩せる?

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す