アカモクは花粉症とダイエットにW効果?フコイダンとフコキサンチンの効能とは?


    スポンサーリンク

    3月14日にNHKあさいちで放送された食品「アカモク」が話題を呼んでいます。アカモクはこの季節最大の悩みである花粉症に加え、なんとダイエット効果までもが期待できるとされるスーパーフード!今回はアカモクに含まれる成分・フコイダンとフコキサンチンの効能について詳しく見ていきたいと思います。

    アカモクとは?

    出典:http://www.pref.mie.lg.jp/

    関連記事:2017年の花粉症対策!症状を軽減するおすすめ食材とは?

    最近になって急速にその健康効果に注目が集まっているアカモク!ですが、一体どのような食べ物なのでしょうか。

    まだまだ「得体の知れない食べ物」と言っても過言ではないアカモクについて少しだけ詳しく見ていきましょう。

    アカモクとは

    ワカメ、メカブ、コンブなどと同様、褐藻類(ヒバマタ目ホンダワラ科)に属する海藻です。松島湾のような栄養塩に富む浅海が生育に適していて、生命力がとても強く、長くなると7mぐらいにまで成長します。東日本各地の沿岸に分布しており、地域によって、「ギバサ」(秋田)や「ギンバソウ」(山形)、「ナガモ」(新潟県)などと呼ばれ、食されています。

    引用:http://www.kaisounomori.jp/akamoku/

    なるほどなるほど!海藻の一種とのことですね!

     

    「それぐらいは知ってたよ・・・」とツッコミが入りそうですね。。

     

    上記の通りアカモクという海藻は東北地方などでは比較的なじみのある食物として昔から親しまれてきたようですが、太平洋沿岸の地域では食用として利用されることは少なく、むしろ駆除の対象として厄介者扱いされることが多かったようです。

    そんなアカモクですが、実はとんでもない健康効果を秘めたスーパーフードとしての地位を確立しつつあります。

    それでは続いてアカモクに含まれる成分と具体的な効能について見ていきましょう!

     

    花粉症に効果?フコイダンの効能

    スポンサーリンク

    アカモクに含まれる成分「フコイダン」は現在世界的にも大きな関心を集めており、多くの機関がその健康効果についての研究を進めているようです。

    まずはフコイダンの様々な効能について、代表的なものをご紹介していきたいと思います。

    • 抗がん作用
    • 免疫力増強作用
    • 抗酸化作用
    • 抗ピロリ菌作用
    • 肝機能改善効果

    実に様々な健康効果が目白押しですね!

    そして気になる花粉症に対しての効能ですが、実は上記の項目のうち「免疫力増強作用」が深く関係しているようです。

     

    花粉症と免疫力?

     

    何の関係があるの?

     

    花粉症が起こるメカニズム

    花粉症と免疫力の関係について理解するためにはまず「そもそもなんで花粉症になるの?」という点について説明する必要があります。

    花粉症が起こるメカニズムについて極々簡単に説明をするならばそれは免疫システムの暴走によるものです。

    すなわち、本来は敵ではないはずの花粉に対して免疫システムが過剰に反応してしまうことでアレルギー反応(くしゃみや鼻水)を引き起こしてしまうのです。

    では何故そのような暴走が起きてしまうのか?

     

    その答えは腸内環境にありました。

     

    腸内環境の改善による免疫システムの正常化

    免疫システムの暴走の原因、それは腸内環境の悪化です。

    現代人の肉や穀物を中心とした食生活は腸内の悪玉菌を増大させてしまうと言われています。腸内に潜む菌は大きく分けて善玉菌・悪玉菌(・日和見菌)に分類され、腸内が悪玉菌優位の状態に陥ってしまうと免疫力の低下を招きます。

    つまり、花粉症に悩む方の多くは腸内が悪玉菌優位の状態である可能性が高いため、免疫力を向上する食物の摂取により腸内環境を改善していく必要があるのです。

    フコイダンずば抜けた免疫力増強作用を持つ食物ですので、継続的に摂取することにより腸内環境の改善を促し、結果花粉症状の軽減が期待できるということになります。

     

    ※花粉症と腸内環境の関係についてより詳しく知りたい方はこちらもどうぞ

    花粉症を治したいなら腸内環境を改善せよ!ダイエットにも効果あり?

     

    ダイエットにも効く?フコキサンチンの効能

    出典:http://www.pref.mie.lg.jp/

    更にアカモクにはフコキサンチンと呼ばれる成分を含有しています。

    フコキサンチン

    脂肪には、白色脂肪と褐色脂肪の2つの種類があります。白色脂肪は、余分なエネルギーを脂肪として溜め込みます。一方、褐色脂肪は、ミトコンドリアに熱をつくり出すUCP1というタンパク質を持ち、余分なエネルギー(脂肪)を熱に変える働きを持っています。褐色脂肪は新生児に多いのですが、成人になるとほとんど失われてしまいます。フコキサンチンは、白色脂肪に、このUCP1の発現を促し、白色脂肪中の余分なエネルギー(脂肪)を熱に変えることで、脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

    引用:https://www.knk-lab.jp/

    上記の通り、フコキサンチンには脂肪の燃焼を促進するためダイエット効果も期待できるとのこと!

    また海藻本来の成分であるカルシウムやマグネシウム・鉄分などのミネラルも豊富に含むため、ダイエットだけでなく健康や美容にも効果あり!ということで正に向かうところ敵なしの素晴らしい食材ですね。

     

    まとめ

    出典:http://www.kazenoshimafoods.com/

    <関連記事> 

    花粉症を治したいなら腸内環境を改善せよ!ダイエットにも効果あり?

    アカモクのフコイダン・フコキサンチンの効能についてまとめます。

    • アカモクは海藻の一種。東北地方などでは昔から食用として利用されてきたが、最近になってその素晴らしい健康効果が注目され始めている
    • アカモクの成分、フコイダンには免疫力増強作用があり花粉症状に軽減効果が期待できる
    • アカモクの成分、フコキサンチンは余分な脂肪分を熱に変える作用を持つためダイエット効果が期待できる

    いかがでしたでしょうか。

     

    まだまだ身近な食品とは言い難い食物「アカモク」ですが、これほどまでの効能を有しているとなれば、我々の食卓に当たり前のように並ぶ日もそう遠くは無いかもしれませんね。

    今後の展開に期待です。

     

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力あふれる1日を過ごされることを願って。

     

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す