グリコのビフィックスにメタボ抑制効果?他のビフィズス菌との違いは?


    スポンサーリンク

    江崎グリコのヨーグルト商品「朝食ビフィックス」のビフィズス菌メタボリックシンドロームの悪化を抑制する効果があると報じられました。ビフィズス菌と言えば最近では腸内環境改善腸活などで話題を呼んでいますが、抗メタボ効果が公に発表されたのは今回が初めてのようです。何故ビフィックスのビフィズス菌なのか、他のビフィックス菌との違いはあるのか?詳しく見ていきたいと思います。

    グリコビフィックスのビフィズス菌にメタボ抑制効果?

    出典:http://web.bifix.jp/products/plane.html

    関連記事:腸内フローラ改善のカギは善玉菌?腸内細菌を操る者はダイエットを制す!

    ビフィックスとは

    朝食ビフィックスとは江崎グリコ株式会社から発売されているヨーグルト製品です。

    ビフィズス菌を含有しているヨーグルト製品は数多く存在しますが、江崎グリコ独自のビフィズス菌BifiX(B.lactisGCL2505)は「腸内で増殖する」という特色から機能性表示食品の届け出が成された商品です。

    機能性表示食品とはその商品の健康効果についての科学的根拠を、企業側の責任において消費者庁に届け出を行った商品のことを指します。

    ビフィックスは「腸内で増殖するビフィズス菌」という機能性を日本で初めて表示した食品のようですね。

    確認されたメタボ抑制効果

    今回メタボ抑制効果があることが確認されたのは上記の江崎グリコの朝食ビフィックスに含まれる独自のビフィズス菌、BifiX(B.lactisGCL2505)についてです。

    イギリスの科学誌「ネイチャー」関連の紙面に掲載されたとのことで、今後の展開が期待されます。

    ビフィックスのメタボ効果確認のための実験は、高脂肪食とビフィックスを与えたマウスと高脂肪食のみを与えたマウスの内臓脂肪の上昇率を比較するという内容です。

    実験の結果、ビフィックスを与えたマウスの内臓脂肪の上昇率が抑えられることが分かり、今回の発表となったようです。

    これまではビフィズス菌や乳酸菌と言えば主に「腸内環境の改善効果」に注目が集まっていましたが、今回の発表によって今後のダイエット・メタボ対策商品の市場は、これまでとは全く違った勢力図となってくるかもしれませんね!

    ビフィックスと他の商品のビフィズス菌との違いは?

    スポンサーリンク

    スーパーやコンビニではビフィズス菌を謳う商品が溢れかえっていますが、朝食ビフィックスと他のビフィズス菌商品との違いとは?

    最も特徴的な部分について見ていきたいと思います。

    最大の違いは「お腹で増殖する」こと

    ビフィズス菌ビフィックスの最大の特徴は生きたまま腸に届き、腸で増殖することにあります。

    人間の腸内環境を整える働きを持つ善玉菌は、実はそのほとんどがビフィズス菌であると言われています。

    ビフィズス菌は年齢やストレスなどの要因によって少しずつ減少していくため食事などから摂取・補充していく必要があるのですが、通常のビフィズス菌食品ではわずかな量しか摂取できないため、腸内環境を改善するまでには至らないことが多いようなのです。

    その点、ビフィックスは生きたまま腸に届き腸内で増殖していくので、少量の摂取でもどんどん腸内のビフィズス菌を増やしてくれます。

    継続的に摂取すれば腸内環境は善玉菌優位の状態に近づき、若々しい腸を取り戻すことができるという仕組みです。

    まとめ

    出典:http://web.bifix.jp/bifix.html

    関連記事:花粉症を治したいなら腸内環境を改善せよ!ダイエットにも効果あり?

     

    朝食ビフィックスのビフィズス菌のメタボ効果とその他のビフィズス菌の違いについてまとめます。

     

    • 朝食ビフィックスとは江崎グリコ株式会社から発売され、独自のビフィズス菌BifiX(B.lactisGCL2505)は「腸内で増殖する」という特色から機能性表示食品の届け出が成された商品

    • マウスの実験によりビフィックスには内臓脂肪の上昇を緩やかにすることが分かりメタボリックシンドロームの悪化を抑制する効果が確認された

    • ビフィックスとその他のビフィズス菌の最も大きな違いは「生きて腸まで届き、増殖する」ということ

    • 加齢やストレスによって減少していく腸内のビフィズス菌を補っていくためには大量のビフィズス菌の補充が必要

    • 通常のビフィズス菌では少量すぎて効果は薄いが、ビフィックスは腸内で増殖するため継続的に摂取することにより腸内環境の改善が期待できる

     

    いかがでしたでしょうか。

     

    ビフィックスという商品自体はスーパーで良く見かけますがここまでの効果が期待できるとは正直驚きですよね。

    価格的にはつい安い低脂肪ヨーグルトなどに手が伸びてしまいそうですが、腸内環境改善だけでなくダイエットやメタボにも効果があるとなれば一度試してみる価値はあるかもしれませんね。

     

     

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

     

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す