ココナッツオイルは『痩せる脂肪』!?ダイエットに効果的な中鎖脂肪酸とは?


    スポンサーリンク

    ココナッツオイルダイエット効果・美肌効果がある!?でもココナッツオイルとは言え脂肪であることに変わりはありません。今更脂肪が痩せるなんて信じられない!でも実はこれまでの『脂肪は太る』という定説は最新の研究結果によって大きな転換点を迎えているようです。

    関連記事:完全無欠ダイエットの食事法が目から鱗!?でも本当に痩せる?

    ココナッツオイルに含まれる脂肪

    最近ダイエット効果・美肌効果など、様々な健康効果が期待できるとして何かと話題のココナッツオイルですが、『油は太る』と教えられて育ってきた我々アラフォー世代にはなかなか素直に受け入れづらいところだと思います。

    そんな皆様にはまず、脂肪に対しての誤解を解いていくことから始めていきたいと思います。

    脂肪を食べると太るという誤解

    スーパーで買い物をしていると目に飛び込んでくるのは『低脂肪』・『脂肪分●●%カット!』などを謳った商品たち。ダイエットに脂肪は天敵!できるだけ低脂肪な生活をしよう!という考え方はもはや常識ですよね。

    でも実は僕たちが当たり前だと思っていた『脂肪神話』は、最近になって的外れだったことが次第に明らかになってきているようです。

    すなわちヘルシーな脂肪を食べ続けているならば決して太ることは無いだけでなく、体内のホルモンを適切に調整してくれ、むしろ体重は減っていくというのです。

    ちょっとまだ信じられませんよね。ここで一つの例をご紹介します。以下の内容はシリコンバレーの大物、デイブ・アスプリーの著書『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(ダイヤモンド社)』からの引用です。

    僕は完全無欠ダイエットを構想し試験しながら、もっと多くの脂肪でカロリーを摂った場合には、どれほど急速に太るかを確かめたいと思った。従来ダイエットについて教えられてきたことが真実とすれば、特に脂肪を山ほど食べるなら、3500キロカロリーを余分に摂るごとに0.5キロ太る計算になる。

    ほとんどの栄養学者の理論によれば、こんな食べ方をしたなら、1ヵ月で5キロは太ったはずだ。ところが、反対のことが起こった。僕の体はがぜん燃えだしたのだ。頭が冴えわたり、たっぷり眠る必要もなく、腹筋まで割れた。

    カロリー計算主義者は、僕が2年後には270キロの巨漢になっているはずと予測したが、実際に増えた体重は、ほんの数キロの筋肉だけ。僕はカロリー制限なんて守るのをやめた。

    引用:シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(ダイヤモンド社)より

    上記の期間中、著者は1日4,000~4,500カロリーを摂取したようですが、ほとんど太ることはなかったようです。

    正にこれまでの『カロリー神話』の常識を覆す内容ですよね。

    但しこのような素晴らしい結果をもたらすためには油であれば何でもよいというわけではなく、中鎖脂肪酸という良質な脂肪を含むココナッツオイルなどの食品を摂っていくことが重要なようです。

    関連記事:完全無欠ダイエットの食事法が目から鱗!?でも本当に痩せる?

    中鎖脂肪酸とは

    最近CMなどでちらほら耳にするフレーズですよね。でもその意味を正しく理解されている方はそれほど多くないと思います。

    脂肪酸というのは鎖状に繋がっているようで、その長さに応じて長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸に分けられます。僕たちが普段から口にしているものは長鎖脂肪酸の油がほとんど。

    これに対しココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸には無い以下のような効果が期待できると言われています。

     

    • 脂肪を燃焼する作用がある

       

    • 胃で消化されたあと、肝臓で素早く分解され速やかにエネルギー源になる。

       

    • 人間の細胞、臓器、脳などはどれも脂肪でできているため、良質な脂肪を摂取することで高いパフォーマンスを維持することが可能

     

    脂肪に対しての常識が塗り替えられていきますね。

    ココナッツオイルにも良質な中鎖脂肪酸が含まれていますが、その上位互換とも言うべき素晴らしい食品について、引き続きご紹介していきたいと思います。

    ダイエットに最適な脂肪を摂るならMCTオイル

    スポンサーリンク

    ココナッツオイルよりも更に良質な脂肪を摂取できる食品、MCTオイルについてご紹介します。

    MCTオイルとは

    MCTって何の略?

    はい!ずばり、Medium Chain Triglyceride(中鎖脂肪酸)です(笑)

    もうその名の通り中鎖脂肪酸オイルということですね。ココナッツオイルは天然の状態で中鎖脂肪酸を多少含みますが、MCTオイルはココナッツから中鎖脂肪酸・短鎖脂肪酸を抽出したオイルです。

    正に中鎖脂肪酸そのものということになり、最も摂取すべき油ということになります。

    MCTオイルを活用した完全無欠のレシピ

    先ほども登場した『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事(ダイヤモンド社)』の中では、MCTオイルとある食材をかけ合わせた『完全無欠のレシピ』について紹介されています。非常に興味深い内容ですので、詳しく見ていきたいと思います。

    MCTオイルとグラスフェッドバター入りのコーヒー『完全無欠コーヒー』がやばすぎる!?

    中鎖脂肪酸そのものを摂取することのできるMCTオイルの素晴らしさはご紹介した通りです。更にシリコンバレー式のダイエット法ではコーヒーにMCTオイルとグラスフェッドバターを入れた『完全無欠コーヒー』レシピが紹介されていました。

    グラスフェッドバターとは

    最近ではグラスフェッドバターと言えばバターコーヒーが有名でしょうか?

    グラスフェッドとは牧草飼育を意味し、通常僕たちが食べているのはグレインフェッド(穀物飼育)のバターです。

    グラスフェッドバターは血中の中背脂肪や悪玉コレステロールを減少させる働きがあるなど、通常の(グレインフェッドの)バターには無い素晴らしい健康・ダイエット効果が期待できます。

    関連記事はこちら→バターコーヒーダイエットの方法と効果的な飲み方をご紹介!

    完全無欠コーヒーのレシピ

    それでは最後に完全無欠コーヒーのレシピについてご紹介いたします。

     

    • コーヒー豆で淹れた熱々のコーヒー
    • グラスフェッドバター・・・大さじ2杯
    • MCTオイル・・・大さじ2杯

     

    とても簡単ですね!ポイントはバターをあまりかき混ぜず自然と溶け出すのを待ちながら飲むことのようです。

    まとめ

    ココナッツオイルに含まれる脂肪とそのダイエット効果についてまとめます。

    • 脂肪は太るは嘘?良質な脂肪は太らないだけでなく、逆に痩せる!
    • 良質な脂肪はココナッツオイル等に含まれる中鎖脂肪酸
    • 中鎖脂肪酸は脂肪を燃焼させる作用を持ち、素早くエネルギーへ変換される
    • 中鎖脂肪酸を最も効率的に摂取できるのはMCTオイル
    • MTCオイルとグラスフェッドバターを加えたコーヒー『完全無欠コーヒー』がすごい!

    これまでの脂肪に対する常識を払拭することはできたでしょうか。もし今皆様がダイエットに励んでいるのであれば、今後は良質な脂肪を存分に摂取すべきです。

    僕たちの体の大部分を構成する脂肪をしっかりと摂取し、痩せやすい体をつくり無理のないダイエットを成功させましょう!

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力あふれる1日を過ごされることを願って。

    ありがとうございました!

    関連記事:完全無欠ダイエットの食事法が目から鱗!?でも本当に痩せる?

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す