ひな祭りの定番の甘酒が飲む点滴と呼ばれる理由は?ダイエット効果もあり?


    スポンサーリンク

    ひな祭りでは古くから縁起が良いと言われる様々な食材を使用した伝統的な料理が食されます。

    代表的な食材としては以下のようなものが挙げられますね。

    • 菱餅
    • はまぐりのお吸い物
    • 甘酒
    • ちらし寿司
    • ひなあられ

    今回は上記の食材の中でも『飲む点滴』と呼ばれ、非常に健康に良いと話題を集めている甘酒の効能、特にダイエット効果について考察していきたいと思います。

    飲む点滴、甘酒

    ひな祭りの伝統料理の1つである甘酒ですが、江戸時代ではみりんに蒸した米や麹を混ぜて熟成させた『白酒』を飲むことが主流だったようです。

    最近では子供でも飲めるということでアルコールを含まない甘酒を飲むことが多いようですね。

    実はこの甘酒ですが、飲む点滴と呼ばれる程健康に良い飲み物とされ最近注目を集めてきています。

    それでは甘酒に含まれる代表的な成分についてご紹介していきたいと思います。

    甘酒の成分

    甘酒には様々な成分が含まれますが、以下の3つの成分は特にダイエットに対して効果が期待できるとされているようです。

    • ビタミンB1
    • オリゴ糖
    • 必須アミノ酸

    1つずつ詳しく見ていきましょう。

    ビタミンB1の効能

    スポンサーリンク

    甘酒にはビタミンB群が豊富に含まれます。その中でも特にビタミンB1については特にダイエット効果が高いとされ、注目を集めています。

    ダイエットの天敵、糖質

    最近は糖質制限ダイエットが大流行りしているため、糖質を控えることがダイエットに繋がるということについてはご存知の方も多いと思います。

    糖質の摂取が太るメカニズムとは血糖値の上昇とインスリンの分泌で説明できます。

    米やパンなどに豊富に含まれる糖質は体内に摂取されると血糖値の上昇を招きます。

    そして人間の体は血糖値の上昇を抑えるためにインスリンという物質を分泌するのですが、インスリンは過剰に分泌されると脂肪を溜め込んでしまうという厄介な性質を持ちます。

    糖質を代謝するビタミンB1

    上記の通り、糖質の摂取は脂肪の蓄積を促すためなるべく控えた方が良い食品の代表とされていますが、甘酒に豊富に含まれるビタミンB1はなんと摂取した糖質の代謝を促し、脂肪として蓄積されることなく効率的にエネルギーに変換してくれるという効能を持ちます。

    その甘ったるさから一見すると太りそうなイメージを抱きがちな甘酒ですが、ビタミンB1の働きにより逆にダイエット効果があるというのは驚きですよね!

    オリゴ糖で腸内環境を改善!

    腸内では善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いの激しい戦いを繰り広げています。善玉菌の勢力が強い場合、僕たちのカラダに以下のような素晴らしい効能をもたらします。

    1. 病気に対する抵抗力、免疫力の向上
    2. アンチエイジング
    3. 食べ物の消化や吸収を助ける
    4. コレステロール値を下げる
    5. ビタミンB群や酵素を作り出す

    まさにいいことずくめですね!特に注目すべきは3.4.5.の部分。逆に考えていくならば腸内環境のバランスが悪玉菌に傾いてしまった場合、以下のような悪い影響をもたらします。

    • 食べ物を効率的に消化・吸収できず脂肪として蓄積してしまう
    • 悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まる
    • 糖質の代謝に役立つビタミンB群を生成できなくなり、結果的に脂肪を溜め込みやすいカラダになる

     

     

    善玉菌のエサとなるオリゴ糖

    腸内環境を改善することがダイエットにおいていかに重要であるか、ご理解いただけたのではないかと思います。

    では、善玉菌を増やすためにはどうすればよいのか?

    ここで登場するのが甘酒に含まれるオリゴ糖や食物繊維です!オリゴ糖や食物繊維は腸内の善玉菌を育てる『エサ』となると言われており、腸内環境の改善に非常に役立つのです。

    9種類の必須アミノ酸を全て含む

    人間の身体では合成できず、食品から摂取する必要のあるアミノ酸を必須アミノ酸と言います。

    必須アミノ酸は9種類あり、9種類全てをバランスよく摂取することによって、体内のタンパク質の合成を効率化すると言われています。

    タンパク質の役割

    タンパク質には以下のような役割があります。

    • 筋肉や骨、髪、爪、内臓などを作る、または修復する
    • ヘモグロビンを作り、血液の循環を促進
    • 免疫力を向上
    • 酵素を作る

    …ちょっと眺めただけでも『めちゃめちゃ重要じゃないですか』ということはお分かりいただけると思いますが、ダイエットについては果たしてどんな効能があるのか!?

    タンパク質のダイエット効果の秘密、それは、筋力と酵素を作ることにあります。そして両者に共通するキーワードは代謝です。

    すなわち、筋肉量の増加、体内の酵素の増加は代謝機能を向上させるのです!

     

    代謝が良くなると?

     

    もうお分かりですね?

     

    そう!体の脂肪を燃焼する能力がめちゃくちゃ高まり、太りにくい体を作ることができるのです!

    まとめ

    • ひな祭りの定番食品である甘酒は『飲む点滴』とも呼ばれる程、健康に良い飲料である
    • 甘酒の成分の中で特にダイエット効果が高いと思われる成分はビタミンB1、オリゴ糖、必須アミノ酸
    • ビタミンB1は摂取した糖質の代謝を促し脂肪として溜め込みにくくする
    • オリゴ糖は善玉菌を育てるエサとなり、腸内環境を改善する
    • 9つの必須アミノ酸を含む甘酒はタンパク質の効率的な合成を促し、代謝機能を向上させ太り肉体を作ることができる

    いかがでしたでしょうか。

    日本で古来より食べられている食品はカラダに良く、かつダイエットにも効果が高いものが非常に多いですよね。

    現代人の食事は肉や小麦などの摂取量がどうしても増えてしまいがちですが、ひな祭りなどの日本ならではの行事は、昔ながらの和食の素晴らしさを再確認する良い機会になるのではないかと思います。

    ひな祭りというとお子様のためのイベントと考えがちですが、是非この機会に食の改善についても目を向けてみることをおすすめいたします。

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力あふれる1日を過ごされることを願って。

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す