ホット豆乳でダイエット!筋力強化と睡眠改善のダブル効果!


    スポンサーリンク

    アラフォー+メタボ=お先真っ暗

    そんな崖っぷちからの脱却を目指す不屈の男、ちゃーです!

    今日もカラダの様々なお悩みを抱えるアラフォーメタボな同類の皆様に、ささやかな情報提供を行うべく馳せ参じました。

    今回のテーマはホット豆乳ダイエットについてです!

    では早速スタート!

    女性に人気のホット豆乳。男性への効果は?

    今女性の間で話題の食品『ホット豆乳』。温めて飲むことで胃への負担も軽く、豆乳に含まれる『イソフラボン』がホルモンバランスの調整や美肌にも効果があるということで、非常に注目を集めています。

    これだけ話題の食品。我々のようなメタボ男子にも何か良い効果は無いのか?いや、きっとあるはず!

     

    安心してください。ありますよ!(古)

     

    ホット豆乳は、実は見方を変えれば僕たちメタボ男子にとっても超絶ダイエット効果のある素晴らしい食品なのです!

    では早速その驚きの効果について1つずつ解説していきましょう。

    メタボ男子的!ホット豆乳の効果①筋力強化

    スポンサーリンク

    豆乳は今でこそ『美容効果』に注目が集まりますが、その成分の中で最も大きなウエイトを占めているのは何といっても『タンパク質』です。

    タンパク質は人間が生きていくのに欠かせない三大栄養素の1つであり、人間の体、特に『筋肉』を構成するのに必須の栄養素です。

    更に筋肉は『代謝』と深い関連性があります。すなわち筋肉を増やすことによって代謝能力を高めることができるのです。

    一般的に筋肉を効率的に増やすには鶏肉などの動物性タンパク質の摂取が有効とされていますすが、大豆はその構造が動物性タンパク質に非常に似ており、筋力増強効果が高い食品であると言われています。

    つまり、豆乳を継続的に摂取することにより代謝能力を高め、痩せやすい体を作ることができるのです!

    メタボ男子的!ホット豆乳の効果②睡眠改善

    • 朝起きるのが早くなる
    • 眠りが浅い
    • なかなか寝付けない

    良く耳にする話ですよね。アラフォーに差し掛かった僕自身にもほんの少しだけ思い当たる節があります(笑)

    実はその原因は体内のメラトニンというホルモンの減少によるものです。メラトニンは年々その分泌量が減ってきてしまうようで、良質な睡眠を取るためにはメラトニンの分泌を促す食物を摂取する必要があります。

    もう、お分かりですね?(笑)

    実は豆乳はメラトニンの生成を促す『トリプトファン』という必須アミノ酸を豊富に含む食品なのです!

    つまり、寝る前に豆乳を飲むことにより睡眠改善の効果が期待できるということになりますね!

    睡眠の改善=成長ホルモンの分泌

    更に、睡眠の質が良くなると体内の成長ホルモンの分泌を促します。

    成長ホルモンと聞くと、子供が成長するために必要なものと考えがちですが、実は成長ホルモンとダイエットには非常に深い関係があるのです!

    成長ホルモンの素晴らしい働き

    成長ホルモンは寝ている間に以下のような働きをします。

    • 体組織の修復のために体内に蓄積している脂肪分を分解
    • 筋肉量を増加し、代謝を上げる

     

    『脂肪を分解して、代謝を上げる』

     

    つまり、痩せる!ということです!

    ホット豆乳の効果まとめ

    少し情報量が多いので最後にもう一度整理したいと思います。

    1. 良質なタンパク質の摂取による代謝能力の向上
    2. 睡眠の質の改善
    3. 成長ホルモンの分泌による脂肪の分解、代謝能力の向上

    まさに良いことずくめですね!実践しない手はないでしょう。

    摂取するタイミングとしてはやはりメラトニンの分泌を促す『就寝前』がおすすめです!

    終わりに

    今回は今女性の間で話題の『ホット豆乳』をメタボ男子的視点で解説して参りました!

    美容だけでなくダイエットにも非常に効果的な食品ですので、有効に活用されることをおすすめいたします!

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が活力溢れる1日を過ごされることを願って。

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す