2017年の花粉症対策!症状を軽減するおすすめ食材とは?


    スポンサーリンク

    2017年は花粉症が猛威を奮っています。花粉症対策の定番と言えばとにかく「」を飲んでしまうという方も多いかと思いますが、毎日の食生活を少し改めるだけでも症状を軽減することができるかも?今回は2017年に入り話題となっている花粉症対策食材についてご紹介したいと思います。

    2017年の花粉症飛散量

    出典:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/pollen/2017/01/17/63041.html

    上記の画像は日本気象協会が発表している今年の花粉飛散量の予測データです。1月17日時点でのデータですが、特に東海地方より西の地域の飛散量が昨年と比較して異常に増えるとの予測です。

    逆に関東以北では昨年より少ないとの予測。

    でもちょっと待ってください。何かが違う気がする、、、。

    関東在住の僕ですが、体感的にはどう考えても今年の花粉飛散量は異常・・・!

    ということで改めて3月24日時点での関東地方の花粉飛散量予測について確認してみました。

    出典:https://tenki.jp/pollen/mesh/

    まっかっかです!(笑)ちなみにまっかっかの所は花粉飛散量が「非常に多い地域」を意味しています。

    1月の予測データの通り、昨年よりも本当に少ないのかどうかは分かりませんが今年も花粉の猛威から逃れる術は無いのかもしれません。

    今回はそんなつらい花粉症状を少しでも軽減してくれる身近な食材について見ていきたいと思います。

    今年注目を集めている花粉症対策食材!

    スポンサーリンク

    花粉症の原因となるIgE抗体に作用する食材

    くしゃみや鼻水などのつらい花粉症状などのアレルギー反応の原因と言われているIgE抗体。

    アレルギー反応とは外敵(ウイルスなど)からの侵入を防ぐ体の正常な防御反応なのですが、本来はそこまで反応しなくてもいい花粉に対してまで異常な反応を示してしまっている状況が、いわゆる花粉症の状態であると言われています。

    つまり、花粉に反応するIgE抗体の働きを緩やかにする食材を摂取することにより、つらい花粉症状を和らげることができるのです。

    2017年に注目を集めている2つの食材についてご紹介いたします。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

     

    花粉症予防にレンコンレシピがおすすめ?効果の仕組みとは?

    ブロッコリースプラウトのスルフォラファンで肥満抑制?花粉症にも効果あり?

    免疫力を強化しアレルギー反応を抑える食材

    上記でも述べました通り、花粉症状は外敵の侵入による体の過剰反応であるようです。

    そしてその原因は現代人の食生活の変化によるところが大きいと言われています。

    現在人の肉や穀物中心の食生活は、腸内環境を悪化させ免疫システムの暴走を招きます。

    詳しくはこちらをご覧ください。

    花粉症を治したいなら腸内環境を改善せよ!ダイエットにも効果あり?

    いかがでしょうか。

    つまり、腸内環境を改善し免疫システムの異常を正すことによって花粉症状を軽減することができるということになります。

    腸内環境の改善が期待できる2つの食材についてご紹介いたします。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

    すごい納豆S-903が花粉症に効果大?シールド乳酸菌の効能とは?

    アカモクは花粉症とダイエットにW効果?フコイダンとフコキサンチンの効能とは?

     

    終わりに

    花粉症は放置していると仕事のパフォーマンスにも確実に影響が出ます。それぐらい今年の花粉飛散量は間違いなく多いと体験しています。

    「眠気」などの理由から薬を飲むことに抵抗がある方は、まずは今回ご紹介したような身近な食材の摂取による花粉症対策を試みてみてはいかがでしょうか。

    ご参考にしていただければ幸いです。

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す