ダイエット中の間食が痩せる理由は?オススメは卵とナッツ?

間食

    スポンサーリンク

    長年ダイエットの天敵とみなされていた間食が最近になって見直され始めています。効果的に間食を摂ることによって逆に痩せやすく、そして健康になる。ちょっと信じられない話ですが、今回の内容をお読みいただければその秘密をご理解いただけると思います。

    今回はダイエット中の間食、そのおすすめの方法についてご紹介していきます。

    間食のすすめ

    間食が太ると思われがちな理由

    間食は太る、そう思われてる方のほとんどは摂取カロリーのことを気にされているのだと思います。確かに1日の総摂取カロリーが多すぎれば当然太ってしまうことになり、間食でカロリーを摂り過ぎてしまうのはダメだ!と考えることは間違いではありません。

    しかし現代人の生活リズムや食事タイミングの変化に伴い、適切な間食を摂ることは逆に1日のカロリー摂取量を抑えることに繋がると考えられるようになってきているようです。

    間食を制すものはダイエットを制す

    僕はいわゆる会社勤めのサラリーマンですが、1日の食事タイミングはおおよそ以下のような時間帯になります。

    • 朝食:6時
    • 昼食:12時
    • 夕食:21時~23時の間

    朝と昼はまあ普通ですね。問題は昼食と夕食の間の時間でしょう。おそらく皆様も僕のようなタイミングで食事を摂られている方は多いのではないかと思います。

    21時の夕食だとしても9時間、23時の夕食であれば11時間もの時間が空いていることになります。

    この空き時間が問題なんです。良くこんな話を耳にしませんか?

    間食はしてないんだけど、夜だけは我慢できずにがっつり食べちゃうんだよね、、。

    今現在ダイエット中の方、間食は悪という先入観は、もう捨ててしまいましょう。結果的に1日の摂取カロリーは間食を食べた日の方が制限することができるはずです。

    そのメカニズムとは?

    続きます。

    ダイエット中こそ間食しよう

    スポンサーリンク

    適度な間食で血糖値をコントロールする

    間食をすることで結果的に1日の摂取カロリーを抑えることができる秘密。それは血糖値のコントロールです。実は僕たちが『お腹が減ったなー』と感じている時というのは血糖値が下がっている状態を意味します。言い換えるならば『エネルギー不足の状態』ですね。

    この状態を長時間放置していると、ようやく食事にありつけた時の僕たちのカラダは、血糖値を上げることができる(エネルギーを補給できる)食べ物を欲するようです。その食べ物の代表とは?

    そう、糖質(炭水化物)です。

    つまり適度な間食をするということは、血糖値の極端な減少を防ぐことにより夜の米やパンなどの暴食を防ぐことに繋がる=カロリーの摂取量を抑えられるということになります。

    正しい間食で糖質を代謝しやすいカラダを作る

    更に、間食はその内容によっては血糖値のコントロール以外のメリットを得ることも可能です。

    そのメリットとは、糖質(炭水化物)を代謝しやすいカラダを作ることです。摂取した糖質というのは代謝されることでエネルギーに変わりますが、効率的な代謝のためにはビタミンB1という栄養素を豊富に摂取する必要があると言われてます。

    ダイエット中などでビタミンB1の摂取量が減ってしまうと、せっかくカロリー制限をしているのに『痩せにくい』状態になってしまう可能性があるということです。

    つまり、3食の食事の摂取カロリーを抑えつつ、間食で不足しがちなビタミンB1を豊富に含む食材を摂取することにより、ダイエット効果を高めることができると考えられます。

    ダイエット中におすすめの間食用食品をご紹介

    それでは間食で具体的に食べた方がいいと考えられる食品についてご紹介していきます。

    おすすめ食品①『卵』

    え、卵!?

    と思われると思いますが、実は卵は完全栄養食と呼ばれるぐらい栄養分が豊富なのです!成分をざっくりと見ていきますね。

    • ビタミンB1
    • ビタミンB2
    • カルシウム
    • 亜鉛
    • 8つの必須アミノ酸

    食事制限ダイエット中に不足しがちな栄養素のオンパレードであり、食べたときの満足感も得られるため夜のドカ食いの予防にも繋がります。最近ではコンビニでも『ゆで卵』などが売られているので、簡単に手に入れることもできます。またゆで卵1個のカロリーは80kcal程度なので摂取カロリーが気になる方にも食べやすい食品であると思います。

    おすすめ食品②『ナッツ』

    ナッツ類も非常に栄養価の高い食品です。カシューナッツはビタミンB1や亜鉛を多く含み、疲労回復に効果があると言われていますし、ヘーゼルナッツタンパク質・ビタミンB6・ビタミンE・カルシウム・マグネシウムなど非常に栄養バランスの良い食品です。チョコレートに含まれていることも多いので、甘いものを食べたいという欲求も同時に満たすことができるので非常におすすめです。

    終わりに

    いかがでしたでしょうか。今まで『何となくダメなイメージ』を持っていた間食ですが、しっかりと目的意識を持ってうまく活用すればダイエットにも非常に有効であるということ、お分かりいただけたのではないかと思います。

    間食は我慢だ―!と意志の力で空腹を我慢せず、適度に間食をしてみることをおすすめいたします。

    本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力あふれる1日を過ごされることを願って。

    ありがとうございました!

    スポンサーリンク

    ちゃー
    ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

      コメントを残す