完全無欠ダイエットの食事法が目から鱗!?でも本当に痩せる?

バターコーヒーダイエット

スポンサーリンク

炭水化物は夜食べろ!?脂肪を食べると痩せる!?カロリー制限では痩せない!?正にこれまでの王道的ダイエットを根底から覆す画期的なダイエット法を提唱する完全無欠ダイエットの食事法とは?全米の食生活を激変させたと言われるその斬新なダイエット理論を考察します。

関連記事:腸内フローラ改善のカギは善玉菌?腸内細菌を操る者はダイエットを制す!

完全無欠ダイエットとは?

完全無欠ダイエットとはシリコンバレーの億万長者であるデイブ・アスプリーが自らの体を実験台に15年間・30万ドルを費やして開発した全く新しいダイエット法です。

著者自身もこの方法でなんと140kgから50kgものダイエットに成功しており、その高い効果は著者自身の体験を持って証明されています。

内容は非常に膨大なため、今回はその方法論の中でも非常に刺激的と思われる内容について見ていきたいと思います。

炭水化物は夜に食べろ!?

img_0561-1

いきなりとんでもないフレーズが飛び込んできましたね。じっくりと紐解いていきましょう。まず炭水化物とダイエットと聞いて僕たちが思い浮かべる常識とは?

そう!炭水化物は、太る!ということですね!

炭水化物抜きダイエットが大流行りしているのでこれはイメージしやすいと思います。ただし完全に炭水化物を抜くことは非常にリスクが高いとも言われており、抜くなら夜だけというのが主流となっていますよね。

しかし!シリコンバレー式ダイエットでは夜の炭水化物の摂取を推奨します。全く逆の発想ですね。その発想の基となるのが『腸内細菌』と『脳』の存在です。

日中に食べる炭水化物は腸内細菌の餌になる?

 完全無欠ダイエットの『痩せ』理論において腸内細菌の役割は非常に重要です。但し取り扱いを誤ると痩せるどころか逆に体重を増やすことになりかねません。

その失敗例が日中に摂取する炭水化物です。

シリコンバレー式の考え方によると、空腹状態の腸内細菌は脂肪を燃焼させる絶食誘導脂肪因子(FIAF)という物質を生成するのですが、ひとたびでんぷんや糖などの餌を与えられると逆に脂肪を蓄えてしまうことになるようです。

著者自身も試験的に日中に炭水化物を集中的に摂取してみたところ、1週間で5kgもの増量をしてしまったようです。

では夜に食べるべき理由とは?

関連記事:腸内フローラ改善のカギは善玉菌?腸内細菌を操る者はダイエットを制す!

夜に食べる炭水化物は睡眠の質を向上する?

シリコンバレー式ダイエットでは低炭水化物ダイエット自体は推奨されていますが、最低でも週に1、2回程度は夕食後に少量の炭水化物を摂取した方がよいとされています。

その理由は2つあります。

  • 体のリラックス・睡眠導入に効果のある神経伝達物質・セロトニンの生成にでんぷんと糖が使われるため
  • 夜に炭水化物を摂取した血糖値の上昇分は睡眠中の脳の活動に役立てられる

つまり、適度な夜の炭水化物の摂取は睡眠の質を向上させるということです。睡眠の質が悪い・慢性的な睡眠不足の方には肥満が多いというのは有名な話ですよね。

痩せたければ脂肪を食べろ!?

スポンサーリンク

僕たちが良く見聞きするダイエット法では脂肪、すなわち油分は最も控えるべき食材のナンバーワンと言えるでしょう。ですが、シリコンバレー式ダイエットではこれまた真逆の発想をします。

つまり、脂肪はどんどん食べろ!というのです。と言っても全ての脂肪を何でも食べていいというわけでは無く、太る脂肪と太らない脂肪が存在するようです。

正しい脂肪を摂る

完全無欠ダイエットにおいて脂肪は様々な栄養素の中で最も摂るべきものとされており、なんと1日の50%~70%を『正しい』脂肪で摂ることを推奨しています。

さすがに多すぎじゃないの!?

と思われるかもしれませんが、良い脂肪というのは相当な量を食べても太らないというのです。太らないだけでなく、良い脂肪を摂り続けると体が脂肪を燃焼してエネルギーに変えることを覚えていき、どんどん痩せやすい体になっていくようです。では正しい脂肪とはどのようなものなのでしょうか。

中鎖脂肪酸、飽和脂肪酸を含む脂肪を食べる

完全無欠ダイエットでは正しい脂肪を選ぶための2つの基準を示しています。

  1. 脂肪の分子が短い

     

  2. 脂肪の安定性

・・・良く分からない。

そうだと思います。

結論から申し上げますと脂肪の分子が最も短く抗炎症作用のある『中鎖脂肪酸』と、サビ化と酸化に最も強いと言われる『飽和脂肪酸』を多く含む脂肪を摂ることが勧められます。

中鎖脂肪酸を豊富に含む食材の代表格はバター(牧草飼育のもの)、ココナッツオイルなどが挙げられます。

また飽和脂肪酸は牛肉(サーロイン・リブロース・ばらなど)、ベーコン、ウインナー、卵黄などに多く含まれます。

一見ダイエットには不向きな食材に思われますが、人間の細胞・臓器・脳はどれも脂肪でできているため良質な脂肪はどんどん摂取すべきというのがシリコンバレー式の考え方です。

関連記事:ココナッツオイルは『痩せる脂肪』!?ダイエットに効果的な中鎖脂肪酸とは?

カロリー制限では痩せない!?

体重はカロリーよりも腸内細菌に影響される?

これまた初耳の理論ですね!体重の増減と言えば摂取カロリーと消費カロリーの差で決まる、というのが定説ですがシリコンバレー式ダイエットにおいて体重とは腸内細菌によって決まるというのです。

その証明として著者が用いているのはマウスの実験です。なんと太ったマウスの腸内細菌を痩せたマウスの腸内に移植したら痩せたマウスの食事量が急激に上昇したというのです。

逆に痩せたマウスに太ったマウスの腸内細菌を移植したところ、太ったマウスが痩せたとのこと。

ちょっと信じられない話ですが、これは事実です。

更にこの事実は人間にも当てはまるようです。つまり、太った人は脂肪を溜め込みやすい細菌を持ち、痩せた人には痩せやすい細菌を持つということです。

そして、痩せ型細菌はある自然由来の食物から摂取することが可能なのです。

痩せ型細菌を増やすのはポリフェノール!?

腸内に痩せ型細菌を増やす働きを持つのは、ポリフェノールです。ポリフェノールは実に様々な食物に含まれていますが、その中でも圧倒的な含有量を持つのがコーヒーです。

コーヒーは体に悪いというイメージがありますが、著者によるとそれはコーヒー自体の問題ではなく、誤った保管方法によりコーヒーが『カビ化』してしまうことに原因があるようです。

つまりコーヒーは本来、我々の一番身近にある最も摂取すべきスーパーフードなのです!

更に完全無欠ダイエットではコーヒーにグラスフェッドバター(牧草飼育のバター)、ココナッツオイルなどを加えた『完全無欠コーヒー』を朝食の代わりに飲むことを推奨しています。

関連記事:腸内フローラ改善のカギは善玉菌?腸内細菌を操る者はダイエットを制す!

まとめ

シリコンバレー式ダイエットについてまとめます。

  • シリコンバレー式(完全無欠)ダイエットとはこれまでの王道ダイエットとは一線を画した全く新しいダイエット法
  • 炭水化物は腸内細菌に脂肪を溜め込ませないために日中は控え、週に1、2回程度は睡眠の質向上のために夜に食べる
  • 中鎖脂肪酸、飽和脂肪酸を含む脂肪を積極的に摂取することにより逆に痩せる
  • 体重はカロリーよりも腸内細菌に影響を受ける。痩せた人が持つ痩せ型細菌はコーヒーなどのポリフェノールから摂取できる。

以上です。

今回ご紹介したのは完全無欠ダイエットの内容のほんの一部です。また機会を設けて完全無欠ダイエットを実践できる具体的なレシピなどについても触れていきたいと思います。

それでは!本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました!

関連記事:腸内フローラ改善のカギは善玉菌?腸内細菌を操る者はダイエットを制す!

関連記事:ココナッツオイルは『痩せる脂肪』!?ダイエットに効果的な中鎖脂肪酸とは?

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

より詳しい情報を知りたい方はいいね!

コメントを残す