ステーキダイエットの効果的な部位や量は?糖質制限の進化系とカロリー神話の崩壊?

スポンサーリンク

ステーキを食べて痩せる!?そんな夢のようなダイエットが話題を呼んでいます。高カロリーの代名詞ともいえるステーキ。ダイエット中には食べたくても食べられない、、、そんな天敵!ですが正しい部位を守れば食べながら痩せられる?これまでの常識を覆す新ダイエット法について考察してみたいと思います。

ステーキダイエットとは?

ステーキダイエットとはその名の通りステーキを食べて痩せるダイエット法です。ダイエット中に食べたくても食べられなかった食品の代表とも言えるステーキ。何故最近になってそのダイエット効果が注目されるようになってきたのか。

その謎はステーキに含まれるある成分にありました。

脂肪を燃焼させる成分『L-カルニチン』

脂肪と聞くと『邪魔なもの』『余計なもの』というイメージを抱きがちですが、実は脂肪とは私たちが毎日元気に活動していくためには欠かせない栄養分です。

すなわち、私たちは食事によって摂取した脂肪を燃焼することによってエネルギーを得ているのです。

しかし、脂肪は過剰に摂取してしまうと燃焼が追い付かず、いわゆる皮下脂肪や内臓脂肪となって体内に蓄積されます。その結果メタボリックシンドロームやその他の生活習慣病の要因となってしまいます。

 

そんな諸刃の剣とも言える脂肪を効率的に燃焼し、エネルギーに変換してくれる素晴らしい成分がL-カルニチンです。

出典:http://www.l-carnitine.jp/

上記のグラフはL-カルニチンの摂取前、摂取後の脂肪燃焼率を比較したものです。明らかに脂肪燃焼効率が上がっているのがわかりますよね。

つまり、ステーキダイエットとはL-カルニチンを豊富に含む牛ステーキをメインとした食生活を行うことによって余分な脂肪を蓄積させず、更に摂取した食事の脂肪燃焼効率を高めることによって痩せやすい体を作るダイエットということになります。

 

『いきなりステーキダイエット』で成功者続出!?

出典:http://ikinaristeak.com/

立ち食いスタイルで厚切り肉を格安で食べられることで人気沸騰中のステーキ店、『いきなりステーキ』を利用し驚くべきダイエットに成功した方が続出しているようです。

そんな数ある成功者の中でもひと際その徹底ぶりに注目が集まり『伝説のリピーター』と言われているTAKAさんは、2か月間毎日いきなりステーキに通い続けた結果10kgの減量に成功されたそうです。また体脂肪率も17.1%から5.3%減と恐るべき結果を残しています。

もちろんこのような成功例は全ての方に当てはまるわけではなく、極度なダイエットは体調面の不安もつきものです(TAKAさん自身もダイエット期間中は不足しがちな栄養分をサプリなどで補給されていたようです)。

ただ、上記のような成功例はステーキという高カロリー・高脂肪、ダイエットには不向きと思われていたこれまでの常識や先入観を覆す一つのきっかけにはなるのではないでしょうか。

 

ステーキダイエットの効果や方法。食べる部位や量は?

スポンサーリンク

それでは続いてステーキダイエットの具体的な方法や効果などについて見ていきたいと思います。

 

ステーキダイエットの方法は?

ステーキダイエットについては様々な方法が紹介されており、先述のいきなりステーキダイエットのようにやや極端な方法も存在しますが、『無理なく続けられる』という視点で筆者なりに情報をまとめてみたいと思います。

  • ステーキを食べる頻度は多くて1日1食。緩やかに続けるのであれば週に3、4食をステーキとする
  • モーニングステーキを推奨する声も多いが、現実的に考えれば昼食夕食に食べれば十分
  • ステーキダイエット中は糖質の摂取もできるだけ抑える

 

朝からステーキ食ってダイエットだ!!

 

こういった発想はダイエットスタート時は盛り上がりますが、結局後に続きません。もちろん毎朝ステーキを食べても良いですが、金銭的にもかなり大変ですので『週に何度かステーキを食べる日を作る』という生活スタイルを取り入れることをおすすめします。

 

ステーキダイエットに最適な部位や量は?

続いてステーキダイエットに適した部位や1回の摂取量についてです。

  • ステーキダイエットに最も適した部位はL-カルニチンを最も多く含む赤身肉
  • 1回の摂取量は女性で100g、男性で150g程度がおすすめ

ステーキの様々な部位の中でも特に赤身肉は先述のL-カルニチンを最も多く含むため、食事の脂肪燃焼効果を高めてくれます。またステーキはダイエットに効果的!とは言っても当然食べすぎは禁物です。1回の摂取で手のひらサイズぐらいの量というのが一つの目安のようですね。

 

ステーキダイエットは糖質制限ダイエットの進化系?

これまではステーキダイエットの仕組みや方法などについて見てきました。日々の食事に赤身肉のステーキを食べる回数を少しだけ増やしてみるという非常にシンプルな方法ですので、実践すること自体は難しくはないと思います。

ですが、ステーキダイエットの効果をより実感し加速度的に高めていくためには、糖質制限ダイエットとの併用が必須であると筆者は考えます。

 

進化した糖質制限ダイエット?

糖質制限ダイエットについてはこの場で詳しく説明するまでも無いかと思いますが、毎日の食事において糖質(主に炭水化物)の摂取量を減らすことによるダイエット法です。

私たちの体は糖質の摂取により血糖値が上昇すると、インスリンという物質の働きにより脂肪を溜め込みやすい状態になると言われています。すなわち、糖質制限ダイエットとは血糖値をコントロールすることによって脂肪を溜め込みづらい体を作るダイエット法ということになりますね。

今回ご紹介しているステーキダイエットとは上記の糖質制限ダイエットと併用することによってより高い効果を期待できるダイエット法と言えるのではないかと思います。

 

つまり糖質制限により脂肪を溜め込みづらい体を作った状態で、更に脂肪燃焼効果の高い赤身肉を食べることによりダイエット効果を加速度的に高める!いわば糖質制限ダイエットの進化系ともいうべきダイエット法なのです!

 

カロリー神話の崩壊?

少し余談になりますが、これまで食事制限の代表的な指標として考えられてきたカロリーですが、昨今ではその正確な数値を計測することは非常に難しく適度に糖質を制限することの重要性が指摘されてきています。

以下は『カロリー制限の大罪(幻冬舎新書)』の著者で、北里研究所病院・糖尿病センター長の山田悟医師のコメントです。

──先生は著書の中で「摂取カロリーを正確に把握することは難しい」と書いていますが、糖質についても1食20~40gなんて正確に分かるものなのでしょうか?

山田:非常に重要なご質問です。例えばカツオでも初ガツオと戻りガツオでカロリーが違いますが、それは基本的には脂の乗り方の違いです。ラムとマトンのカロリーの相違もそうです。食品に含まれるカロリーは脂の乗り方、差しの入り方で変わるので、まったく把握できません。

 一方、食品に含まれる糖質の量はかなり安定しているのです。おかず(メインディッシュ=主菜、サイドディッシュ=副菜)に含まれる肉、魚、野菜といった食材の中の糖質量は1食あたりほぼ20g程度となることが経験的に知られています。

 ですので、主食(穀類)と果物の糖質量を合計で20g程度に抑えれば、1食の合計は40g以内に収まるのです。先ほどの炊いた米70g、食パン6枚切り1枚というのは糖質量が20g強の主食量なのです。主食の糖質量さえ考えておけば、糖質摂取量を安定させることは可能です。

引用:記事 NEWSポストセブン2017年08月13日 07:00「ビールと唐揚げ」で太らない? 医師が勧める衝撃の減量法

つまり、カロリーは食材の状態によって大きく変わり正確に把握することは難しいということのようです。逆に糖質量については把握が容易なため、今後のダイエットにおける安定的な指標となると著者は述べています。

 

まとめ

関連記事 ケトン体ダイエットと糖質制限の違いは?ダルビッシュ有が痩せた方法!

ステーキダイエットについてまとめます。

  • ステーキダイエットとはステーキの赤身肉に含まれるL-カルニチンという成分の効能に着目したダイエット法
  • L-カルニチンは食事により摂取した脂肪を効率的に燃焼しエネルギーに変換してくれる成分
  • ステーキを食べる頻度は多くて1日1食。緩やかに続けるのであれば週に3、4食をステーキとする
  • モーニングステーキを推奨する声も多いが、現実的に考えれば昼食か夕食に食べれば十分
  • ステーキダイエット中は糖質の摂取もできるだけ抑える
  • 1回の摂取量は女性で100g、男性で150g程度がおすすめ

ステーキを食べて痩せる!!

 

そんなうまい話が・・・・・ありました^^

 

 

理論的にもしっかりしているダイエット法ですので、是非取り入れてみたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す