【名医の太鼓判】酢納豆で老眼防止?作り方や食べ方は?

スポンサーリンク

8月13日放送の名医の太鼓判視力回復・老眼予防に効果がある食材として酢納豆が紹介されました。

 

老眼や視力低下の原因は目の血流の低下・血管に血栓が生じることにあるようで、酢納豆を食べることにより血流の低下を防ぐことができるのだとか。

 

番組で紹介された酢納豆の作り方や食べ方などについて見ていきたいと思います。

 

目の健康寿命を延ばすのは酢納豆!

名医の太鼓判で紹介された目の健康寿命を延ばす食べ物、それは我々にとって非常に身近な食材である納豆と酢

 

納豆に含まれるナットウキナーゼ目の血流を促進し、血栓の抑制などに効果があるとのことです。

 

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼには、血栓の主成分であるフィブリンに直接働きかけ分解(溶解)する作用、身体の中の血栓溶解酵素であるウロキナーゼの前駆体プロウロキナーゼを活性化する作用、さらに血栓溶解酵素プラスミンを作り出す組織プラスミノーゲンアクチベーター(t-PA)量を増大させる作用があります。
さらに、最近の研究で、ナットウキナーゼには血栓を溶けにくくする血栓溶解阻害物質PAI-1を分解する作用、オイグロブリン溶解時間の短縮作用があり、血栓溶解活性の増強作用があることがわかってきました。

このように血栓を色んな角度から溶解するのがナットウキナーゼの特長です。そのため、よく消費者の方からナットウキナーゼを摂取し過ぎると血が止まらなくなるのでは?、という質問がありますが、ナットウキナーゼは各種の安全性試験をクリアしていますので、安心してお召し上がりいただけます。

引用:http://j-nattokinase.org/nattokinase/

 

 

作り方も非常に簡単なので目の疲れや老眼に悩まされている方は是非今日から実践してみてはいかがでしょうか?

酢納豆の作り方・レシピ

それでは早速酢納豆の作り方をご紹介したいと思います!

 

【酢納豆のレシピ】

  • 納豆1パック
  • お酢大さじ1杯

納豆1パックにお酢大さじ一杯を入れ白い粘りが出るまで良くかき混ぜる。

これだけです!簡単ですね!

 

酢納豆を食べるタイミングは夜!

続いて酢納豆を食べるタイミングについてです。

 

番組では目の血流が低下し、血栓ができるリスクが高まるのは夜の時間帯とのことでした。

 

つまり、酢納豆は夕食に食べることにより血流の低下を抑制することができるそうです。

 

まとめ

 

今回は短めですが、名医の太鼓判で紹介された酢納豆についてまとめます。

 

  • 目の健康寿命を延ばすためには目の血流を維持しておく必要がある

  • 目の血流が低下すると血栓を作るリスクが高まり視力低下・老眼・白内障などの原因になる

  • 目の血流の低下を防ぐレシピは酢納豆!がおすすめ!

  • 酢納豆の作り方は非常に簡単!納豆1パックに大さじ1杯のお酢を入れてかき混ぜるだけ!

  • 酢納豆の血流促進効果を高めるためには白いネバネバができるぐらい良くかき混ぜることがポイント!

  • 酢納豆を食べるタイミングは血流が低下しやすくなる夜の時間帯がおすすめ!

 

いかがでしたでしょうか?

 

こんなに簡単に、今日から実践できる老眼防止・視力回復レシピ!

これは試さない手はありませんね!

 

筆者も今日から早速実践したいと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

ちゃー

ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す