焼きりんごダイエットの驚愕の効果とレシピは?『初耳学』の林先生も驚いた!?

スポンサーリンク

林先生が驚く初耳学!で紹介された焼きりんごダイエットの効果について見ていきます。生で食べても健康に良いりんごですが、焼くことによってダイエットに効果的な成分が〇倍にも増加?自宅で簡単にできるレシピもご紹介!

りんごに含まれるダイエット効果のある成分

林先生が驚く初耳学!で紹介された通り、りんごにはダイエット効果のある成分を豊富に含みます。代表的な成分と効能について見ていきたいと思います。

水溶性食物繊維『りんごペクチン』

りんごなどの果物や野菜には食物繊維が豊富!ということはどなたでもご存知だと思いますが、食物繊維は実は大きく分けて2種類存在するということは意外と知られていないと思います。

食物繊維には不溶性食物繊維水溶性食物繊維の2種類があり、りんごに含まれるペクチン水溶性食物繊維です。

水溶性食物繊維には以下のような効能があると言われています。

  • 脂肪の蓄積を防ぐ
  • コレステロール中性脂肪の値を下げる
  • 血糖値の急上昇を防ぐ
  • 腸内の善玉菌を増やし腸内環境を改善する

更にりんごにはペクチン以外にも驚きのダイエット効果を発揮する成分が存在します。

続きます。

りんごポリフェノール

ポリフェノールと言えばワイン、チョコレートの原料であるカカオに多く含まれることは有名ですが、実はりんごもポリフェノールを豊富に含む食材です。

りんごポリフェノールの主成分はプロシアニジンという物質で非常に強い抗酸化作用を持つと言われています。

具体的な効能について見ていきましょう。

  • 美白効果
  • 脂肪の分解・吸収を促進するリパーゼの活動を抑制し脂肪蓄積を防ぐ
  • 脂肪の燃焼を促進
  • 生活習慣病の原因となる活性酸素の除去
  • 中性脂肪やコレステロール値の減少
  • アンチエイジング

『リンゴ一個で医者いらず』と呼ばれることもあるそうですが、具体的な効能を見てみると正に『納得』のひと言ですね!

焼きリンゴの驚愕のダイエット効果

スポンサーリンク

これまでりんごに含まれるりんごペクチンやりんごポリフェノールのダイエット効果についてご紹介いたしました。

生で食べても十分に効果はあるのですが、ほんの少しの知識とひと手間をかけるだけでその効果を何倍にも高めることができます。具体的に見ていきましょう。

皮ごと食べる

先ほどご紹介したりんごペクチンやりんごポリフェノールは果肉の部分にももちろん含まれているのですが、皮の部分に最も多く含有されています。

実はペクチンという成分はりんご以外にも柑橘類に多く含まれているのですが、みかんなどの柑橘類は皮ごと食べるのはちょっと難しいですよね。

りんごは皮ごと食べることが容易なため、ダイエット効果の高いペクチンを気軽に摂取できる非常に優秀な食材であるということができるでしょう。

焼いて食べると効果が倍増!

番組内でも紹介されていましたが、りんごは焼いて食べることでそのダイエット効果の恩恵をより多く得ることができるようになります。

ペクチンは加熱すると分子量が小さくなり、活性が生の時のなんと9倍にも上がります。

つまり先ほどご紹介したりんごペクチンの効能、コレステロール・中性脂肪値の減少・血糖値の上昇抑制・腸内環境の改善などの効果を格段に高めることができるのです!

簡単!焼きりんごレシピ

それでは最後に自宅で簡単にできる焼きりんごレシピをご紹介いたします。

フライパン焼きりんご

出典:http://www.orangepage.net/recipes/detail_111329

材料(2人分)

  • りんご 1個
  • サラダ油 大さじ1
  • バター 10g
  • 市販のバニラアイスクリーム 適宜
  • シナモン 適宜

引用:http://www.orangepage.net/recipes/detail_111329(オレンジページnetより)

作り方

  1. りんご1個は皮つきのまま、横に厚さ2cmの輪切りにする。しんを好みのクッキー型などで抜く。フライパンを中火で熱し、サラダ油大さじ1を入れる。弱火にして、りんごを加えて焼く。
  2. 10分くらいしたら返して裏も焼く。りんごがしんなりして、竹串を刺すとすっと通るくらいになったら、バター10gを加えて溶かし、からめる。皿に盛り、シナモン適宜をかけて市販のバニラアイスクリーム適宜を添える。

引用:http://www.orangepage.net/recipes/detail_111329(オレンジページnetより)

簡単!レンジで丸ごと焼きりんご

出典:https://cookpad.com/recipe/3720284

材料

りんご1個

作り方

  1. りんごの芯をくり抜きます(包丁で芯を中心にして五角形か六角形に切り込みを入れてからスプーンでぐりぐりすると◯)
  2. りんごを耐熱の器に入れてラップ、その下に平のお皿を敷いて電子レンジへ!
  3. 私は500Wで4分で作っていますが、お好みで調節してください

引用:https://cookpad.com/recipe/3720284(cook padより)

まとめ

林先生が驚く初耳学!で紹介された焼きリンゴのダイエット効果についてまとめます。

  • りんごに含まれる水溶性食物繊維ペクチンは、脂肪の蓄積を防止・コレステロール中性脂肪値の減少・血糖値の上昇防止・腸内環境の改善など、様々なダイエット効果を持つ
  • りんごに含まれるりんごポリフェノールは、美白効果・脂肪蓄積の防止・脂肪燃焼の促進・生活習慣病の原因となる活性酸素の除去・中性脂肪やコレステロール値の減少・アンチエイジングなどに効果がある
  • 上記の成分のうち、ペクチンは加熱することによりそのダイエット効果は9倍以上になると言われている

いつでも手軽に食べることができるりんごにこれほどのダイエット効果があったとは驚きですね!是非本日から実践してみることをおすすめいたします。

本日も日本全国のアラフォーメタボの皆様が、活力溢れる1日を過ごされることを願って。

ありがとうございました!

スポンサーリンク

ちゃー
ちゃーと申します。全盛期は126kgまで成長したスーパーメタボ人でしたが自力で30kgのダイエットに成功しました。同じようなお悩みを抱える皆様にメタボ目線で様々な情報をご提供していきます。

コメントを残す